インプラント治療・入れ歯治療をお考えの方へ

失った歯をそのままにしておくと、歯並びや咬み合わせに悪影響を与えてしまいます。歯並びが乱れ、噛み合わせが乱れる前に、インプラントや入れ歯などを入れることをおすすめしています。入れ歯・インプラントに関することは、霞ヶ関・虎ノ門の歯科医院「山口歯科室」にお気軽にご相談ください。
※インプラントに関しては他院へご紹介する場合もございます。ご了承ください。

各治療のメリット・デメリット

  メリット デメリット

入れ歯

入れ歯
  • 治療費が安い
  • 治療期間が短い
  • ケアが面倒
  • バネを使った入れ歯は他の歯に負担をかける
  • 合わない入れ歯だとしっかり咬めない

インプラント

インプラント
  • 見た目が自然
  • 硬い物を咬める
  • 周囲の歯にかかる負担が少ない
  • 治療費が高額
  • 外科手術が必要
  • 治療を受けられないケースがある

当院が取り扱う入れ歯素材

当院では、保険が適用される入れ歯と、自費治療の入れ歯どちらも取り扱っています。患者さんのご要望に合わせてご提案いたします。

保険適用入れ歯の素材

保険適用の入れ歯は、以下の決まった素材で対応しています。ご了承ください。

  人工歯 バネ
総入れ歯 レジン
  • レジン
  • 既製品の陶歯
  • 金銀パラジウム合金
  • ニッケルクロム合金
など
部分入れ歯 レジン
  • レジン
  • 既製品の陶歯
  • 硬質レジン
など
-
自費治療入れ歯の素材

保険適用の入れ歯では使用できない素材でも、自費治療ならば対応可能です。

  人工歯 バネ
総入れ歯 金属(金合金・チタンなど)やレジンから選択
部分入れ歯 金属 -
  • 金銀パラジウム合金
  • ニッケルクロム合金
  • 白金加金合金
人口歯 陶歯・硬質レジン
素材の比較

自費治療で製作する入れ歯は、いくつかの素材から、患者さんにあった素材を選び製作します。以下が当院で使用している入れ歯素材です。それぞれの長所・短所があります。

 

チタン

チタン

コバルトクロム

コバルトクロム

レジン
(歯科用プラスチック)

レジン(歯科用プラスチック)
保険 適用外 適用外 適用
違和感 ある
咬み心地 よい よい よくない
見た目 よい よい よくない
長所
  • 違和感が少ない
  • あごになじみやすい
  • 軽い
  • 見た目が自然
  • 汚れにくい
  • 壊れにくい
  • 金属アレルギーの心配はない
  • 違和感が少ない
  • 食べ物が食べやすい
  • 見た目が自然
  • 汚れにくい
  • 壊れにくい
  • 安価
  • 製作期間が短い
短所
  • 値段が高価
  • 作り替えにくい
  • チタンに次いで高価
  • 作り替えにくい
  • 壊れやすい
  • 汚れやすい
  • 安定性に欠ける

 

金属
(コバルトクロム・チタン・金合金)

金属(コバルトクロム・チタン・金合金)

レジン
(歯科用プラスチック)

レジン(歯科用プラスチック)
保険 適用外 適用
違和感 少ない ある
長所
  • 違和感が少ない
  • 熱が伝わりやすい
  • 温かい・冷たい食事も楽しめる
  • 壊れにくい
  • 色がナチュラル
  • 安価である
短所
  • 高価である
  • 製作に時間がかかる
  • 水分を吸収しやすいため汚れやすい

PICK UP 治療後は定期的なメンテナンスを

加齢や歯周病などの影響で歯ぐきは痩せ、入れ歯が合わなくなることがあります。ですので、こまめにメンテナンスして、常に咬みやすい状態にすることが大切です。当院では、入れ歯のメンテナンスも承っています、装着する際に違和感があるようでしたら、いつでもご相談ください。